FlowerJapan 事務局
〒108-0074東京都港区高輪3-13-1
グランドプリンスホテル新高輪1F IKEBANA ATRIUM内
TEL / FAX 03-3444-8744 map

  • Contact us
  • Movie Contents

    • 3/10,2017
    • ファイナンシャルフィールド
    • エキスパートに聞く「仕事とお金の話」⑤

      《いけばな作家》 いけばなは、ひらめきの練習。ビジネスにとてもリンクします。「ビジネスリーダーたちのいけばな展」主催
      Interview Guest : 州村 衛香

    • 11/25,2016
    • 毎日新聞 社会面
    • 生け花展 企業や学校経営者が魅力発信 東京・銀座で開幕

      企業や学校の経営者による生け花の展覧会「ビジネスリーダーたちのいけばな展」が25日、東京都中央区銀座のポーラミュージアムアネックスで始まった。

    • 11/25,2016
    • 毎日新聞 関西
      くらしナビ・カルチャー
    • 生け花 会社帰りに、男性や経営者も
      裾野広がる 門弟減少、池坊など多彩なレッスン

      ビジネスの最前線にいる経営者らの間でも生け花への関心が高まっている。15年から東京都内で開かれている「フラワージャパン ビジネスリーダーたちのいけばな展」は大企業の社長や大学教授らの作品を並べる花展で、昨年は約50人が参加。「生け花は武家社会や貴族社会で親しまれてきた。女性だけでなく男性や経営者たちが魅力を感じるのは自然」。実行委代表を務める草月流本部講師でいけばな作家の州村衛香(すむらえいこう)さん(73)は話す。

    • 11/16,2016
    • JCast
      会社ウォッチ
    • 企業経営者らによるいけばな展 46人参加、東京・銀座で開催

      日本の伝統文化であり、世界に誇る花文化である「いけばな」を企業経営者・幹部ら46人がいける「ビジネスリーダーたちのいけばな展」が2016年11月25日から28日まで、東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスで開かれる。

    • 11/15,2016
    • 世界文化社
      MEN'S EX Online
    • ビジネスリーダー50人の「いけばな展」を銀座で開催

      FlowerJapanは、各分野のトップリーダーら約50名による『FlowerJapan2016~ビジネスリーダーたちのいけばな展~』を11月25日(金)~28日(月)、ポーラーミュージアム アネックスで開催する。FlowerJapanは、世界に誇れる文化「いけばな」によって日本人としてのアイデンティティや美意識を守り、継承し、世界に発信していくことを目的としたプロジェクトだ。本展では、"次世代へ贈る言葉"をテーマに、第一線で活躍する企業経営者や教育者、ジャーナリストらが届けたいメッセージを「いけばな」を通じて表現。自らの手で思い思いに生けた作品を展示する。

    • 6/22,2016
    • PRESIDENT Online
    • 経営トップが続々、生け花を習い始めたわけ

      生け花は、女性のたしなみ。そんなイメージを持つ人は多いだろう。だが、そんな考えは古いかもしれない。今、とりわけビジネスリーダー層の男性で生け花に興味を持つ人が増えているのだ。

      いけばな作家の州村衛香さんは、昨年末、東京の「ポーラ ミュージアム アネックス」という"超一等地"で、ある生け花の作品展を主宰した。州村さんの"お弟子さん"による作品が並んだわけだが、これが、無名の作家にもかかわらず、やんやの大盛況だった。

    • 1/31,2016
    • PRESIDENT Online
    • 生け花で「経営力を磨く」社長たち

      社長が生け花を習いはじめた―。こう聞いたら、「突然どうしたのか」と首をかしげる人のほうが多いだろう。生け花には大和撫子的なイメージがあり、一見、会社経営との関係性はないように思える。しかし「経営力が磨ける」として、多くの有名企業の社長が次々と生け花をはじめているのだ。

    • 11/8,2015
    • 毎日新聞
      経済プレミア
    • セイノー田口、丸井・青井両社長がはまった生け花の魅力

      底辺が30センチほどの四角すいを逆さにした黒い器から、太さのある青々とした竹が数本伸び上がっている。交わった竹の前面には真っ赤な花。そして、小ぶりの青い花を左手に持ち、器の前で逡巡(しゅんじゅん)するスラックス姿の男性──。西濃運輸を傘下に持つセイノーホールディングス社長の田口義隆さん(54)である。

    • 7/7,2015
    • 毎日新聞
      経済プレミア
    • 生け花が世界に貢献できるこれだけの理由

      対談:いけばな作家・州村さん×品川女子学院・漆校長
      世界では、生け花は空間アートとしてさまざまな国で親しまれているという。制約が少なく、ハサミ一つあれば始められる生け花は、生け手が一人いれば海外に発信できる貴重な日本の文化でもある。品川女子学院校長の漆紫穂子(うるし・しほこ)さんと、いけばな作家の州村衛香(すむら・えいこう)さんが、生け花という日本文化を引き継ぐことの意義について語り合った。

     

    >>